« 亀五郎 | メイン | やきいも黒瀬 »

2005年7月25日 (月)

赤江

akae 赤江、宮崎市の落合酒造場の一品、最近では、「雲雀」が有名であるが、この「赤江」は、紫優(ムラサキマサリ)という芋(綾紫と白豊をかけあわせた品種)を使っている、例の「赤霧島」と同じ芋を使っている。飲んでみると、独特の香りがする、個人的には、好きな香りだが、好き嫌いがありそうである。この焼酎を飲むと、芋焼酎のバラエティも何て広いのだろうと感じてしまう。

赤絵:2005年2月 大阪屋(宮崎市)

ジョグ:2.1km(体調不良)

焼酎:杜氏潤平(前割り)←みごとに化けた(旨い)

コメント

「杜氏潤平」の前割りが化けたなんてさらりと書いてますがやったことないですがそんなにきますかっ!!
よ~し・・・やっちゃうもんね(笑)

ああぁぁ~それから私の番付はチャンコ番ですよ(笑)

ちなみに「赤江」は あかえ 語尾に向いイントネーションを下げて読むそうです。どうなんでしょう??

それから、落合さんで一番美味い焼酎は「俘」です。これは間違いないっ!!

弁慶様
どうもです。「俘」(とりこ)ですか?みたことがありません。見つけたら、即買いですね。「亀五郎」はそんな逸話があるんですね。さすが、やっぱり東の横綱ですよ。

コメントを投稿

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天