« 2005年8月 | メイン | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月30日 (金)

薩摩の切り札

Simg00019_1Simg00020_1   「薩摩の切り札」、実は、「櫂」に行くまでは、知らなかった銘柄である。蔵は宝山で有名な西酒造、幻の酒米「亀の尾」とラベルに謳っている。裏のラベルには、ロック、水割りは◎で、お湯割りは×となっている。旧財部町の前畑酒店のPBらしい。終売品なのだろう。実はよくわからない。

Simg00036 ところで、左の写真は、ポンタ様から頂いたお土産、「博多通りもん」である。これがうちの嫁さんのお気に入りらしい。で、本日、私も頂いたのだが、面白い味であった。この手のお土産ものとしては非常にレベルが高い。福岡土産はこれで決まりかな?で、もうひとつ、私の嫁さんの兄も、福岡在住なのだが、毎回、帰省のとき、南区のとあるお菓子屋さんの、「コーヒー大福」というのを買ってきてくれる。これも絶品である。これは、お土産品というわけではないのだが、福岡の方々、今度、お店の名前を聞いときますのでそぉ~とお教えしますね。

薩摩の切り札:2005年 焼酎バー「櫂」

ジョグ:9.25km(ふれスポウォーキングコース)1”00’10”19

焼酎:金の露(前割り)

酒:越乃寒梅

2005年9月29日 (木)

ちびちび

Simg00017  西酒造「ちびちび」、実は社会的に問題になった焼酎である。最近は、万暦とかに名前を変えているが、とにかく裁判沙汰になった銘柄である意味ゆうめいなのがこの「ちびちび」である。実物を見れるとは思っていなかったが、ちゃんと「櫂」さんにはあった。しかも、中身もまだある、魔王と、この「ちびちび」は添加物問題になったのだ、しかし、この「ちびちび」は終売品である。バニラ味がするかどうか?実は、飲んでいないのでコメントできないんですね。

ちびちび:2005年 焼酎バー「櫂」

ジョグ:5kmタイムトライアル(ふれスポ)26’29”91(いっぱいいっぱい)

焼酎:流鶯、晴耕雨読亀壺黒(完飲)、宝山紅東

酒:越乃寒梅

2005年9月28日 (水)

さつま寿 無濾過中垂れ

Simg00024Simg00012 「焼酎&・・・」というタイトルながら、ネタ切れの状態が続いていたが、昨日、ポンタ様とのプチオフ会で行った。天文館の焼酎バー「櫂」にて色んな焼酎を画像に収めることができた。しばらくは、このシリーズでいきたいと思う。第一弾は、尾込商店のさつま寿の無濾過中垂れとラベルには書いてある。左の写真の寿が並んでいる棚のげんしゅと40度の間にある瓶だが、これは初めて見た。確か、のむりん様がお持ちのようだが。初垂れは種類が豊富だが、中垂れというのめずらしい。まぁ、とにかく今日から紹介する焼酎は、珍しいものが多い。

さつま寿 無濾過中垂れ 焼酎バー「櫂」

ジョギング:7.35km(ふれスポ)42’12”25

焼酎:休肝日

2005年9月26日 (月)

アサヒ

s-DSCF0012 写真をご覧の方、この瓶の大きさ分かりますか?100ml瓶なんですね。一合にも満たないんですね。ミニチアボトルといいます。しかし、ラベルも忠実に本物を模写してます。おそらく味も本物でしょう。我が家も、探すと色んなものが出てきます。アルコールという名のものは、このブログのネタがないということで、探し回った結果、ウィスキーも出てきたんです。リキュールも出てきたんです。自称焼酎好きは、単なるアルコール好きだったんですね。明日からに期待してください。しかし、明日は、焼酎回廊で有名なポンタ様とプチオフ会の予定です。ちなみに、鹿児島に在住で、明日、6時半以降に騎射場にこれる方、お待ち申し上げます。コメントください。現在、ポンタ様と二人の予定です。飛び込み大歓迎です。

アサヒミニチア:2005年8月 馬場酒店

ジョグ:6.55km(ふれスポ)35’20”30

焼酎:流鶯、晴耕雨読亀壺黒、宝山紅東

日本酒:越乃寒梅

2005年9月24日 (土)

越乃寒梅

s-kanbai タイトルに反して、今日は日本酒である。「越乃寒梅」、私が知っている日本酒中では一番メジャーなのではないかと思う。15年ほど前、藤沢に済んでいるころ飲んだことがあった。当時は、プレミア日本酒の一つで、幻と呼ばれていた。今、焼酎と逆した感があるが、たまに飲むのは旨い。(いや旨い)。一升瓶だと、日本酒の場合、早く飲まないとという思いがあるので、飲みすぎてしまう。日本酒は保存が難しいのである。

 越乃寒梅:2005年8月 コセド酒店

ジョグ:5.25km(ふれスポ)29’28”38

焼酎(酒):越乃寒梅、流鶯、晴耕雨読亀壺黒、水鏡無私

2005年9月23日 (金)

杜谷

s-DSCF0010 家の中を探したら、まだありました焼酎「杜谷」麦なんですが。、「もりや」って読むみたいです。大分は佐伯市の蔵ですね。じつは、大分の「焼酎十字軍」で魔王を買った抱き合わせでした・・・。6本セットで9480円はお得なんですかね?魔王の他は、伝、亀五郎、天使の誘惑、杜谷、水鏡無私です。いずれも小瓶です。

 ところで、一昨日、越乃寒梅を開けたんですが、保存は冷蔵庫がいいんですかね?白ラベルですけど。やっぱり、くせが少なくて個人的には好きですね。

杜谷:2005年7月 焼酎十字軍

ジョグ:12.6km(ふれスポ)1”18’07”37 実は15km走る予定だったのだが・・。

焼酎:流鶯、き六(前割り)、宝山紅東(甘すぎ)

越乃寒梅

2005年9月21日 (水)

里の曙

s-img00001 昨日の「真鶴」に続いては、地味な存在になってしまったが黒糖焼酎「里の曙」である。奄美大島の龍郷町の町田酒造の焼酎である。「奄美の森のひと滴」というキャッチフレーズである。未開封である。

 実は、今日で、写真をアップできる焼酎が底をついた。このブログを立ち上げて、今日で108エントリーであった。明日からは、飲んでいる焼酎や、日本酒、またはビールなんでもアップしていきたいと思うので勘弁してください。

里の曙:2005年7月 頂き物

ジョグ:9.25km(ふれスポウォーキングコース×5周)56’16”83

焼酎:流鶯、晴耕雨読甕壺黒、宝山紅東、水鏡無私、玉姫

番外:越乃寒梅

2005年9月20日 (火)

真鶴

s-img00037

s-img00038   とうとう、うちにも飛んできてくださった念願の「真鶴」一匹確保です。会社の同僚にお願いしておいたのですが、まさか手に入るとは思っておりませんでした。感謝感謝なんです。先日、オフ会の前に行ったんです、そのお店に、軽くあしらわれたんです。ちょっと入手経路は残念ですが、手に入ればこっちのものです。瓶詰めは「8月8日」の日付になっております(右の写真)。大事に飲みたいと思います。an様のブログを見てどうしても欲しかったんです。

 今日は、以前(昨日のではないです)釣ってきた、イカをさばいて刺身に、アオリイカは、冷凍した方が甘みが出て旨いんです。うちは、女房がイカがだめで、調理も私の担当なんです。でも、子供たちは大好きで、先を争うように食べてました。旨かったんです。

 ところで、薩摩精酎組のこだま様が、先日、台風の被害の凄かった垂水へボランティア活動に行かれました。こどま様の行動力にはいつも驚かされますが、このような人々がいる日本って、素敵じゃないですか。

こどまさぁの活躍を覗いてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/karaimotamadon2

真鶴:2005年9月 

ジョグ:7.4km(ふれスポ)44’02”67

焼酎:萬膳庵、三岳、宝山紅東、晴耕雨読甕壺黒

2005年9月19日 (月)

特蒸泰明

s-img00003 麦焼酎「特蒸泰明」大分は藤居醸造の焼酎である。個人的には、兼八に近い味だと感じたが、やはり麦焼酎は合わないという感想である。

  昨晩は、加治木町の「七八(なっぱ)」という飲み屋さんでのオフ会であった。非常に盛り上がり、鹿児島への終電で帰ってきた。その間に、悪友より、釣りの誘いが、そして、今朝4時半に起きて、いざ、枕崎へ。

 釣果は、2ハイ(写真)、もう一枚の写真は、釣り場の写真である。こんな感じである。いつもは夜釣りが多いので、昼間の景色は久々であった。

pic_0151 pic_0152

特蒸泰明:2005年5月 津田酒店

ジョグ:レスト

焼酎:休肝日

2005年9月18日 (日)

いにしえ

s-img00004 s-dorufin2  いにしえ、実は鹿児島の焼酎ではなく、伊豆の焼酎である。谷口酒造製である。味は未開封なので??である。

さっきまで、Yahoo掲示板のオフ会で飲んできたばかりである。地元の方々との交流を深めてきた。皆様、凄すぎです。

いにしえ:2004年8月 焼酎楽園の懸賞

ジョグ:6.3km(ふれスポ)36’36”04

焼酎:田倉。佐藤黒

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天