« 2005年9月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月30日 (日)

さつま小鶴 涼

Simg00044_1 これも、おそらく終売品である、さつま小鶴「涼」である。特筆すべきは、鹿児島の焼酎ではめずらしく20度の焼酎である。これも、焼酎バー「櫂」のママが珍しいといって見せてくれたものだが、よく思い出せない、写真をみると、瓶の右下に「~用」という文字が見えるが、なんなのか非常に気になる今日この頃である。 個人的に、昨日より風邪気味である。
さつま小鶴 涼:2005年 焼酎バー「櫂」
ジョグ:5.25km(ふれスポ)28’53”81
焼酎:なかむら、萬膳庵、松の露

2005年10月28日 (金)

夢鏡

Simg00037 植園酒造の、杉園酒店のPB「夢鏡」である。今まで一杯だけ飲んだことがあるが、独特の味である、この間、「園乃露」を飲んだが、微妙に違う味わいである。通の人に言わせると、「園乃露」自体が毎年、味が変化しているらしい、ここ蔵の焼酎は、美味しいけど、毎年の味の違いを確かめなさいということらしい。皆様、いかがであろうか。
夢鏡:2005年 焼酎バー「櫂」
ジョグ:レスト
焼酎:今日は我が家で飲み会
    なかむら、松露104号、赤霧島、松の露、萬膳庵

2005年10月27日 (木)

正中

Simg00040 読み方は「まさなか」が正解である。この焼酎、写真だけでどういう代物なのか、全く記憶がない、ただ名前が正中だけである。どなたか、この焼酎を知っていらしゃる方がいましたら、コメントお待ち申し上げます。
正中:2005年 焼酎バー「櫂」
ジョグ:5.0km(ふr4えスポ)25’08”50
焼酎:小牧、松露104号、赤霧島

2005年10月26日 (水)

黒瀬杜氏

Simg00034 昨日に続き、笠沙杜氏の里の商品「黒瀬杜氏」である。白麹の焼酎である。この間「一どん」だけは飲んだのであるが、一どんは写真が電池切れで撮れなかったのである。未飲の二本だけ写真があるのである。
黒瀬杜氏:2005年 焼酎バー「櫂」
ジョグ:10.3km(ふれスポ)57’58”99
焼酎:松露104号、流鶯(完飲)、赤霧島

2005年10月25日 (火)

薩摩すんくじら

Simg00033 実はネーミングが好きな一品、笠沙にある杜氏の里の一品「薩摩すんくじら」である。「すんくじら」とは。鹿児島弁で、端っこっていう意味である。杜氏の里がある、笠沙町黒瀬は、黒瀬杜氏の出身地である。ある意味、鹿児島の焼酎の造り手は、この黒瀬杜氏である。この黒瀬部落は、薩摩半島の「すんくじら」なのである。味はというと・・・。実は飲んでいないのである。ごめんなさい。
 懸賞当たったシリーズ第二弾、おなじくBoss totoのマウスパッド、
意外とよく当たるのである、このシリーズ、あと狙っているのはルービックキューブである。
Sdscf0008

薩摩すんくじら:2005年 焼酎バー「櫂」
ジョグ:レスト
焼酎:萬膳庵、なかむら、松の露、小牧(open)、玉姫(ちょこっと)

2005年10月24日 (月)

真鶴黒麹(大隅半島限定)

Sdscf0003_1 万膳酒造、真鶴は白麹、しかしこれは黒麹である。萬膳も黒麹であるが、少し違うらしい。焼酎バー「S・A・O」にて飲む機会が訪れた。やはり、多少、蔵出しから時間が経っているのか、かなりまろやかである。この間、頂いた真鶴とは全く違う、これはこれで旨い。萬膳に近い味を感じた。ただ、あまり手に入らないのが残念。
 懸賞当たったシリーズ第一弾、缶コーヒーBOSSのtotoというやつで
Sdscf0010 当たった、小銭入れである。
真鶴黒麹(大隅半島限定):2005年10月 焼酎バー「S・A・O」
ジョグ:16.8km(ふれスポ)1”34’03”98
焼酎:萬膳庵、松の露、なかむら、玉姫

2005年10月23日 (日)

多楽き原酒

Simg00047 知覧醸造、多楽き原酒である、焼酎バー「櫂」のママのお勧めである。一言で南薩らしい味である、しっかりした芋の甘さが感じられる、もう少し、酔う前であったら、まともな評価が出来たかもしれないが、これを飲んだときは、もうかなり出来上がっていたのである。
 次の写真は、本日の新聞に挟み込まれていたチラシなのだが、西さんとこも人手不足なのであろう。面白かったので、アップしてみた、こんなチラシが入るあたりが地元なのである。


Sdscf0007 多楽き原酒:2005年9月 焼酎バー「櫂」にて
ジョグ:10km(ふれスポ)56’58”34
焼酎:なかむら、松露104号、兼八

2005年10月22日 (土)

S・A・O

Sdscf0004_2  焼酎バー「S・A・O」、今回、ポンタ様歓迎オフ会の二次会の場として選択させていただいた。私の知人の一押しの店で、割と有名なお店であったが、実際、訪れるのはこれが初めてであった。焼酎は、ほとんどどれでも、1杯500円である。実は、昨日も書いたが、週間「モーニング」の「クッキングパパ」で、このお店が登場したのである。その話を、ここを紹介してくれた知人が話したのがきっかけで、今回、ここを選んだのである。
で、お店の方に、作者のうえやまとち氏がどこに座っていたのかという話をしていると、なんと私が座っている場所に座られていたということで、感激の極みであった。(意外とミーハーなのである)Sdscf0005_1さらに、その実際に登場しているマンガも見せていただいた。
2枚目の写真は、そのマンガと同じアングルで撮った写真である。
もし、「モーニング」を愛読してらっしゃる方がいたら、見比べてほしい。
ジョグ:5km(ふれスポ)26’40”52 自己ベスト
焼酎:休肝日

2005年10月21日 (金)

焼酎仲間

Sdscf0001  福岡からポンタさん、再び来鹿で、飲み会。今回は、最近、回廊にも顔を出されているちろりん女史にも参加いただいた。5時半、待ち合わせ、お約束の酒屋巡り、その後、薩摩精酎組の本拠地、小料理屋「鷹」にて飲ん方スタート、焼酎は、前回の焼酎(写真)、しばらくして、あぷさん登場、皆さん自己紹介、実は、私以外は皆さん初対面、しかし、焼酎が好きであるということには変わりなく、話が弾む、次回は、ポンタさんの来鹿に合わせて、蔵見学の話まで出てきた。料理もおいしく、焼酎も進み、本当に楽しい宴であった。1次会終了で、あぷさんとお別れし、2次会は、焼酎バー「S・A・O」、私の知り合いの紹介で、初めて行ったが、週間「モーニング」のクッキングパパに最近登場した店である。この店については、次回のブログで紹介する。ここも、また、盛り上がった。最後に、ポンタさんと二人で餃子でしめる。(なぜか餃子なのである、ラーメン屋でラーメンは食べないのである)帰ろうとしていると、電話が、実は二次会から参加予定だった、ナンチュウさんだった、一応近くにいるというので、お会いして(久しぶりの再開)、今日の飲み会は終了であった。明日、ゴルフだと言うポンタさん、多分、ゴルフどころじゃないですよね。連れまわしてごめんなさい。
ジョグ:レスト
焼酎:若潮、おやっとさぁ黒、亀五郎、大海、新焼酎、年号焼酎、赤霧島、園乃露、月の中
    村尾、一どん、真鶴(大隅半島限定)

2005年10月20日 (木)

長雲 一番橋

Sdscf0003 長雲一番橋、黒糖焼酎の中で、人気No1ではないだろうか、実は、レギュラーの長雲は、常時置いてある酒屋さんがあるのだが、この一番橋は、これが初めてのGet酎であった。これを飲んだ人の感想によく、キャラメル臭という表現がある。これを楽しんでみたいと思う。
 今日は、職場が休みだったので、同僚と、知覧カントリーでゴルフ、ゴルフは、お盆にron様とご一緒して以来だった、出だしはまずまず、バーディもきたりと好調、アウト8番で、OBを含むプラス4、それでも前半は持ちこたえ44、後半はぼろぼろの52、結局96というスコアであった。多分、これが実力である。ただ、一緒にまわった同僚が、英語禁止などのゲームをやったりと、ずいぶん楽しめた。天気も良かったし、平日にゴルフができるなんて幸せ者です。
Sdscf0004 左の写真は、小鹿でもらった製造工程案内です。

長雲一番橋:2005年10月 コセド酒店
ジョグ:10.5km(ふれスポ)1”01’58”48  ゴルフの後の10kmは立派(自画自賛)
焼酎:松の露、松露104号、なかむら、萬膳庵

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天