« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

千代吉

Scf0016  かなり前から、宣伝しているが、私の実家のある垂水市の焼酎、八木酒造の「千代吉」。

 垂水市といえば、まず「森伊蔵」、しかしこの森伊蔵酒造があるのは、垂水市の北の外れ、牛根境という地である。 これに対して、八木酒造は、南の新城というところである。

 八木酒造は、桶買いして、焼酎を販売していたのだが、一昨年より、製造を始めたのである。で、この地が、猿ヶ城、垂水市の東側、まぁうちの実家の近くというわけである。

「いってこい八千代伝」って逸話があるんですが、読まれた方も多いと思います。

 それなり感動もされていると思いますが、水をさすようですが、あの話に関しては、多少、色付けがあると思います。 そもそも、八木酒造は、地元では有名な資産家なので、借金云々の話は、あったにしても甘えの範囲だと思います。 それに、新しく蔵を開いた土地にしても、もともとは所有地だったらしいです。 確かに、苦労はあったかと思いますが、それ以上に苦労をされている蔵は山ほどあると思います。

 何故、こんな事を書くかといいますと、蔵の再興時期が、丁度、焼酎ブームだったわけで、蔵の建設中から、酒屋さんの引き合いはすごかったらしいです。

 あまり、地元の蔵を悪くは言いたくないですが、吉行さんっていう有名な杜氏さんを連れてきたりしているので、一言。

 決して、蔵元さんは悪くないのですが、それを操る酒屋さんが多いらしいです。困ったもんです。 最近、吉行さんが困り果てているらしいです。

 販売方法に関しても、昨年から疑問を抱いていらっしゃ方も多いです。 業界をあまり知らない蔵本さんを躍らせる酒屋さんのパフォーマンスかもしれません。

 最近、酒屋でも、かなり売れ残りを見るようになり寂しくなります。

消費者は正直です。早く初心を思い出して下さい。

千代吉:2006年5月 ronさんと周ったポイント制の店
ジョグ:ふれスポジム
焼酎:萬膳、金峰櫻井、薩摩茶屋、鷲尾、三岳

2006年6月29日 (木)

三岳35度

Dscf0022_edited  三岳35度、現在は販売休止中との事、福岡の焼酎隊長ron様が、GWに探索されていた一品である。

 その時、酒屋めぐりをご一緒させて頂いたのであるが、発見したものの購入できなかった(ポイント制)一品。

 先日、櫂での写真である。

飲んだのかどうか覚えていない。 「三岳」って焼酎、個人的には、島美人、黒伊佐錦に次いで、三番目に消費量の多い焼酎である。

 過去に、よく行っていたスナックで(注:鹿児島ではスナックでも焼酎のキープがある)よく飲んでいた、但し、35度は見たこともなかった。

三岳35度:2006年6月 櫂
ジョグ:ジョグノートにて
焼酎:薩摩茶屋(前割り)、朝掘り(完飲)、十四代秘蔵米焼酎(〆)

2006年6月28日 (水)

萬膳山田錦

Dscf0020_editedDscf0018_edited   萬膳山田錦、かつて一度だけ販売されたという、幻の焼酎である。麻袋に入っている粋な焼酎である。

 巷では、この山田錦は、再販されるという噂がある。 日本酒の世界では、一世を風靡している酒米であるが、焼酎にも、くるのであろうか?

 「山田錦」 う~ん、いい響きである。

 でも、もし販売されるなら、是非、手に入れたいよなぁ。 でも、いくらで販売されるのであろうか。 かつての販売価格は6千円超と聞く。

 情報をお持ちのかた、こそ~っとメールで教えて!

萬膳山田錦:2006年6月 櫂
焼酎:自作川越(金乃露と赤とんぼの詩ブレンド)、薩摩茶屋、朝掘り

2006年6月27日 (火)

十四代 秘蔵純米焼酎

Dscf0002_edited  実は、近くの酒屋さんに行くたびに、探し求めていた焼酎がある。 この「十四代 秘蔵純米焼酎」がそれだ。

 鹿児島では、唯一であろうその酒屋でも今まで、見たためしがない。そんな、幻の一品を福岡の偽兄ポンタさんより、小分けしていただいた。

 この十四代、日本酒の方が有名なのであるが、もちろん日本酒も幻となっている。山形県は村山市、高木酒造の一品。

 味の方はというと、熊本の「鳥飼」に近いかなぁ、ちょっと苦手な分野でした。 折角、頂いたのに申し訳ない。 ただ、日本酒の方もチャレンジしてみたい一品である。

十四代 秘蔵純米焼酎:2006年6月 ポンタさんより小分け品
焼酎:休肝日

2006年6月26日 (月)

寿中垂れ

Dscf0014_edited  終売品、尾込さん「さつま寿中垂れ 44度」である。先日、ポンタさんとちろりんさんが、「櫂」で注文された一品。

 どんなもんなんでしょう? 最近、原酒系は苦手になってしまいました。やっぱり焼酎は25°が一番って思う今日この頃。

 以前、回廊所属のron様が同様のことを仰ってましたが、まさにその通りって印象です。確かに特別な味はするのですが、焼酎?って感じになっちゃいます。

 原酒系は、人気の高い蔵の物でも、良く見かけます→買ってしまう。 という行動でになってしまいます。 これもどんなものなんでしょう?

限定原酒妻と月の中35度が同じ物って知ってました?

寿中垂れ:2006年6月 櫂
ジョグ:それなりに
焼酎:朝掘り(前割り)→旨い
    鷲尾

2006年6月25日 (日)

萬膳

Dscf0017_edited  萬膳デキャンタである。 700mlである。 かなり流通量は少ないと思われる銘柄である。

 ネットで検索すると、”黒瀬杜氏と、宿里氏のコラボレーションが奏でる
繊細かつ優雅な芋焼酎です”とある。

 宿利杜氏の作と思っていたのだが、ブレンドのようである。 中身は普通の萬膳と違うのか?という疑問が・・・。

どうなんでしょう・・・。

しかし、ここの焼酎の瓶はどれも魅力的ですなぁ~。

萬膳デキャンタ:2006年 焼酎バー「櫂」
ジョグ:レスト
焼酎:金峰桜井、萬膳、喚火万膳 

2006年6月24日 (土)

杜氏のお気に入り

Dscf0002_1Dscf0003_1   岩倉酒造、月の中「杜氏のお気に入り」。新製品である。 通常の月の中より、香り、コクともインパクトが強い。

 先日、東京の伊勢五さんを覗いたときに、試飲させていただいた、その時の印象である。 

 他のサイトからの引用であるが、試験的に作ったタンクの焼酎で、来年以降の作りを試行錯誤されての、今回の出荷であるらしい。 今回、伊勢五さんでもしっかりアンケートを取られていたので、その結果により今後の、月の中の味が変わっていくかもしれない。

 ひょっとすると、レギュラーに化けるかもしれないし、今回だけの限定になるかもしれない、非常に微妙な焼酎である。

 通常の、「月の中」との違いは、ラベルは同じ、帯に「本格焼酎 平成十七年 杜氏のお気に入り」と入っている。 良く見ると”十七”は手書きである。 あと、瓶がビニールに包まれている。 あと、キャップの表が黒である。

ジョグ:最近さぼり気味に加えて天気が悪いので、今日はスイミング(600m)
焼酎:これから

2006年6月23日 (金)

蔵元さんとの語らい

Dscf0016_edited  ビッグコミックスピリッツに連載中の「美味しんぼ」。 このコミック本95巻は焼酎革命である。 この中で特に、佐藤酒造や西酒造など、30歳代の作り手さん達が、特に紹介されている。

 鹿児島、宮崎の各蔵、良く事情を聞いてみると、実に20代、30代の後継者が多いようである。 昨晩、その中のお一人(美味しんぼには登場していません)、ある蔵の方と、一緒に飲むことができた。

 焼酎作りに関してはプロの立場としての話や、質の向上つまり、美味しい焼酎を造るための苦労話。流通に関する苦言など、兎に角、色んな話が聞けて、とても充実した時が過ごせた。

 真剣に焼酎作りに向かい合う姿を垣間見ることができ、ますます、その蔵が好きになった。 作り手のコンセプトやその人柄、それが分かると、今後、その蔵の焼酎に対する愛着も変わってくる。

 さらに同蔵の、商品についての作り方の違いや原材料にいたるまで、細かいところまで聞かせていただいた。

 同席したのは、悪友ポンタさん(松露の写真)、うわばみちろりん嬢。

しかし、昨日は飲みすぎてしまった。ポンタさんも昨日はかなり飲んだと仰ってました。 ただ、この蔵元さんは、ほとんどお酒が飲めません。「僕は、焼酎が飲めないから、ある程度までの物は作れても、それ以上の物は作れないかもしれない。 それは、自分が飲み手としての評価ができないから。」って仰ってました。

 色んな蔵の若い方々に頑張ってもらいたいですね。

2006年6月21日 (水)

薩摩茶屋

Cf0001_edited  最近、久しぶりに開けたのだが、やっぱり旨い。 この時期であってもお湯割りがいい。

 村尾って味わうほど飲めないが、この茶屋ならじっくり味わえる。 そんなに差は感じないのに・・・・。

 この、茶屋が定期的に手に入れば、言う事なし。

薩摩茶屋:2006年6月
焼酎:鷲尾、薩摩茶屋

2006年6月20日 (火)

角玉

Sscf0017  佐多宗二商店、「角玉」。これは焼酎よりも梅酒の方が印象が強い。地元、鹿児島では、角玉梅酒の方が、馴染みがあるかもしれない。

 で、佐多宗二商店といえば、「晴耕雨読」「不二才」が有名。 どちらもネーミングがグッドである。

 この角玉は復活版、昔は、角玉が、佐多さんのメイン商品であったらしい。

角玉:2006年4月 コセド頒布会
焼酎:ホッピー(キリンピュアブルー割)、朝掘り、鷲尾

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天