« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月19日 (月)

宮路

Sdscf0010_edited  栗東宮路、昨年、福岡オフ会でマッコイさまが持参された一品で、おそらくその時に、一口はいただいたのだが、あまり味を覚えていなかった。
 福岡オフ会では、誰が持ち帰ったのかな?

 そういう訳で、もう一度飲みたいと捜していたのだが、栗東よりも、入手困難であった。 ところが、先月の東京出張で、ある方より情報を頂き購入することができた。 大事に飲みたいと思う。

 ところで、昨夜はワールドカップ、日本の第二戦。 またまた、なんとも後味の悪い試合。 FW陣の、消極的なプレーには少しうんざり、第3戦は負けても勝っても、よくやったといえるような試合をして欲しい。

宮路:2006年5月 東京都某酒店
焼酎:休肝日

2006年6月18日 (日)

高校生バトン

『高校生バトン』 (MIXIネタで)

1)部活動は何をしてましたか?
 テニス部でした。(女の子目当て)

2)委員会には入ってましたか? 何委員でしたか?
 入ってませんでした。

3)放課後はどのように過ごしてましたか?
 部活動。登下校に1時間以上かかってました。

4)放課後、何回呼び出しをくらぃましたか?
 はっきり、覚えてません。確かないと思います。

5)アルバイトはしてましたか?
 高校は禁止でした。

6)進路相談は順調でしたか?
 覚えてません。

7)文系、理系のどちらでしたか?
 理系

8)高校時代の良ぃ思ぃ出は?
 失恋

9)高校時代の悪ぃ思ぃ出は?
 失恋

10)高校生のイメージは?
 汗くささ

11)あなたにとって高校時代とはなんでしたか?
 青春

12)高校生に戻ってもらう人を5人
  あpさん
  めだかさん
  nobuさん
  ちろりんさん
  けいくんさん

2006年6月16日 (金)

ハイカラさんの焼酎

Pic_0252  すごく懐かしいような、そんな焼酎「ハイカラさんの焼酎」、あPさんおすすめの「おやっとさぁ」の岩川醸造の焼酎である。

 懐かしい:これは、鹿児島に住む人間にとっては、数年前、かなりTVコマーシャルで流れた銘柄なのでこの印象が強いと思う。

 先日、職場の飲み会でいった、某鹿児島の焼肉チェーン(ファミレス)で出てきた焼酎である。 飲んでみた、香り、味とも少し喉につかえるものがある。 独特のえぐみというか、これに慣れた人には、これしか受け付けないような、そんな味である。

 インパクトがあるといったものではなく、えぐみなのである。 個人的には、あまり好きな方ではない。

ハイカラさんの焼酎:2006年6月 鹿児島のふぁみり庵というファミレス
ジョグ:ジムトレーニング
焼酎:萬膳、金峰櫻井、八幡、薩摩茶屋、三岳(八幡が一番旨い)

2006年6月15日 (木)

舞せんげつ

Dscf0015  昨日に引き続き、人吉の繊月酒造の米焼酎、「せんげつ舞」。 これも、ポンタさんご用達の店の画像である。 

 この店は、結構、お客さんが焼酎を持ってくるらしいので、熊本の方が持ってこられたのかもしれない。 ラベル的には、昨日の「川辺」の方が、美味しそうである。

舞せんげつ:2006年5月 ポンタさんご用達の店
焼酎:休肝日

2006年6月14日 (水)

川辺

Dscf0016_1  鹿児島の川辺ではなく、熊本の相良村の川辺川の焼酎、いわゆる球磨焼酎である。 これも、ほとんど記憶がないのであるが画像からして、天文館のポンタさんご用達の店の一品らしい。

  繊月酒造製の一品。

 最近、米焼酎も興味があるので、次回、ポンタさんに連れて行ってもらったら、是非、飲んでみたいと思う。

川辺:2006年5月 ポンタさんご用達の店
焼酎:朝掘り、薩摩茶屋

2006年6月13日 (火)

堂井玉露酎

Img_20060506t075134281  見慣れない瓶だが、一応焼酎である。

「鷹」で見かけた焼酎、「堂井玉露酎」であるが、全く何なのかわかんない。 韓国の焼酎で度数が強いって事だけなので、ネット捜索隊を駆使して調べてみた。

 同名の焼酎は見つかった、옥로주(玉露酎)というらしい。 よく調べたのだが、よくわかんないので、そのままコピペ。

술 이름은 옥 같은 이슬이 소주 고리에서 떨어진다 하여 옥로주라 했다. ‘신식 상표’인 셈이다. 그래서 옥로주는 따로 옛 문헌에는 등장하지 않는다. 당시에 옥천 양조장에서 양철로 된 소주 고리에 열전도율이 높은 구리로 된 냉각관을 사용했다. 누룩 대용으로 흑국균(黑麴菌)을 써서 술도가는 마치 탄광처럼 온통 검댕투성이였다

一応、調べたことだけ、証明したいと思う。この焼酎、まだ「鷹」にあると思います。チャレンジャーはどうぞ。

堂井玉露酎:2006年5月 鷹
焼酎:三段仕込(ホッピー割)、赤霧島、朝掘り、薩摩茶屋

2006年6月12日 (月)

さつま島娘

Scf0028  長島研醸、いわゆる、鹿児島で人気の銘柄「島美人」を作っている酒造組合の島内小売店限定の焼酎「さつま島娘」である。 GWの鹿児島オフ会で、プチ交換として頂いた一品。結構、珍しいので、まだ未開封である。

 長島研醸は、昭和42年に、島内5つの蔵元(宮内酒造、宮の露酒造、長山正巳、杉本酒造、南州酒造)が共同瓶詰場として設立された有限会社である。

 とにかく、「島美人」は有名なのだが、この「島娘」、ラベルを良く見ると、原材料に麦麹とある。 結構、楽しみな一品である。

 さて、いよいよ、あと1時間ちょっとで、ワールドカップ、日本Vsオーストラリアが始まる。 さ~て、応援体制にはいるぞ!

さつま島美人:2006年5月 鹿児島オフ会交換品
焼酎:休肝日

2006年6月11日 (日)

博多どんたく

Dscf3  福岡県朝倉郡筑前町、株式会社 天盃の麦焼酎、GWの鹿児島オフ会で登場した焼酎。 プチ交換の焼酎だったので、未飲である。しかも麦なので・・・。ブログネタである。

スペックは蔵元HPより、

原材料/筑紫平野産二条大麦100%
精麦歩合/60%
麹/鹿児島産河内式白麹
酵母/協会9号酵母(吟醸酵母)
仕込み水/古処山脈地下水
蒸留/常圧再蒸留(天盃式蒸留)
炭素濾過/なし
イオン交換樹脂使用/なし
糖類/無添加
熟成期間/3年以上
である。
博多どんたく:2006年5月 鹿児島オフ会
焼酎:さつま茶屋

2006年6月10日 (土)

柳井谷の福蔵

Dscf0003  「やないだんのふくぞう」宮崎県串間市の寿海酒造の焼酎で、ラベルに赤芋黒麹仕込みと書いてある。 これはGWにron様が「鷹」に持ち込まれた焼酎である。

 赤芋を使った焼酎といえば、多少、香りや味に特徴を持つ焼酎があるが、これは、他に比べるとそこまで、赤芋の主張が無かったように記憶している。 同時に沢山の種類を飲んだので、そこまで、味を覚えていないので当てにはならないが・・・。

 串間市といえば、やっぱり鹿児島の文化なのか、焼酎も鹿児島に近い気がする、同市の「松露」は大のお気に入りなのである。

柳井谷の福蔵:2006年5月 ron様持参品
ジョグ:レスト
焼酎:萬膳、金峰櫻井、夢の十三里、常圧長熟極楽

2006年6月 8日 (木)

唐仁原

Dscf0017  鹿児島県南さつま市(旧加世田市)にこの唐仁原という地名が存在する。 で、この「唐仁原」は、製造は阿久根市の鹿児島酒造で、販売(PBなんだろ)を南さつま市の唐仁原商店が行っている。

 この焼酎の特徴は、「竹炭濾過」である。 具体的な方法は分からないが、何か美味しそうな感じがする。 これは、福岡のポンタさんの天文館のご用達のお店で頂いた?焼酎である。 悲しいかな、飲んだのかどうか覚えていない(涙)、よって当然、味も覚えていない。

 一応、ネットでスペックを調べたので紹介しておきます。

芋:黄金千貫
麹:白麹
濾過:櫂棒と竹炭だけでひたすら濾過を繰り返す。
杜氏:黒瀬安光

唐人原:2006年5月 ポンタさんご用達の店
ジョグ:ふれスポ(トレーニングジムの初回講習会参加)
焼酎:γGPT120超の為、休肝日(これから週一)

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天