« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

杜氏のお気に入り

Scf0010  明日で今年(2006年)も終わりです。 明日、実家に帰省しますのでブログも今日が最後になります。

 今年最後と言う事で、今年一番印象的だった焼酎をネタにします。

「月の中 杜氏のお気に入り」。 宮崎の岩倉酒造です。

普通の「月の中」も手に入れることは難しいですが、これはさらに難しいです。

 月の中という人気の焼酎を造られていますが、それに満足することなく美味しい焼酎造りを追求されている蔵元さんです。 鹿児島の焼酎に負けないものをという意気込みをもたれています。

 難点を言えば我々消費者にもっと容易に手に入るといいのですが。

今年最後の、焼酎購入は、八幡大小、なかむら、宝山芋麹全量(代理)でした。

皆様、今年も色々お世話になりました。来年も変らぬ御愛顧を賜りますようよろしくお願い致します。

月の中 杜氏のお気に入り:2006年
ジョグ:レスト(大掃除と酒屋めぐり)
焼酎:旬(完飲)、蔵番長(完飲)、飛乃流朝日

2006年12月29日 (金)

枕崎

061217_172008  鹿児島弁で「まくらざっ」。
 先日の、精酎組忘年会に枕崎の偉大なる酒屋の女将さんさんがあpさま宛にPケース一つ送付して下しました。

 皆様、枕崎の平川酒店さんをよろしくお願い致します。

平川様、本当にありがとうございました。 というわけで、その中の一本、「枕崎」。

 薩摩酒造なので、白波をイメージさらに地元の名称を使っているので結構、きついのを想像したのだが、すっかり肩透かしというか、個人的には好み(大好き)、かなり大人しい焼酎である。 すっかり、気に入ったのであpさんには黙って残りを持ち帰りました。(ポンタさんの時に) すみません!

枕崎:2006年12月精酎組忘年会
ジョグ:10.5km
焼酎:蔵番長、赤ワイン(義兄が帰省)

 

2006年12月28日 (木)

大和一

061217_160605  精酎組忘年会に人吉のnobuさんが持参された一品。

はじめて目にする銘柄「天下一」。 写真でもお分かりかと思うが、「常圧二段蒸留」「温泉焼酎」「粗濾過」と物凄い焼酎である。 もちろん、球磨焼酎なので米である。

 味はというと、芋焼酎がかなり沢山あった飲み会なので、コメント出来るほどこの焼酎について覚えていない→すみませんnobuさん。 次回、鷹に行ったらじっくり味わってみますね。

大和一:2006年12月 精酎組忘年会にて
ジョグ:
焼酎:旬、飛乃流朝日

2006年12月27日 (水)

純黒五年古酒

Sdscf0009_1  以前、横浜のたんたん亭で、鷲尾の禄年古酒なるものを飲んだことがある。 確か奈良か京都の酒屋さんのPBだったと思うが、あまり古酒にしてはとげがあった思い出が・・・。

 で、これまた焼酎バー様からの頂き物、純黒の五年古酒、先程の鷲尾と同じ酒屋さんのオリジナルらしい、しかし、バー様曰く「こちらは絶品らしい。」、楽しみ楽しみである。

 確か、千葉の王子が赤い鷲尾を買われているはずなので、飲んだ感想をききたいのだが。

 焼酎バー様、色んな焼酎本当にありがとうございます。

純黒五年古酒:2006年12月焼酎バー様より
ジョグ:レスト(パチンコ)
焼酎:蔵番長、枕崎(赤とんぼの詩ブレンド)、野武士(こりゃーすごい)、飛乃流朝日

2006年12月26日 (火)

甕壷寝かし 日南娘

Sdscf0012  これ、めちゃくちゃ飲んでみたかった焼酎なんですよね。

 日南娘(甕壷寝かし)、瓶ごとの小分けでこれまた焼酎バー様からの頂き物です。

 なんてったって、限定134本ですからね。 2005年で11年寝かせなので、現在12年。 

甕壷寝かし 日南娘:2006年焼酎バー様より
ジョグ:12.95km(ふれスポ)
焼酎:八幡

2006年12月25日 (月)

古酒櫻井

Sdscf0011_2  古酒櫻井、南さつま市櫻井酒造。

2年前にこれ飲んで焼酎のイメージがだいぶ変りました。 匂いのしない焼酎、けど美味しいのです。 個人的に大好きな焼酎です。

 これまた焼酎バー様よりご提供いただきました。 しかも26号タンク、21号タンクそれぞれ1本づつ、誠にありがとうございます。

 先日、うちの同僚を連れて焼酎バー「櫂」に行きました。 同僚も焼酎は飲むのですが、全く銘柄とかは知りません。 ここはひとつそいつの焼酎人生を変えてやろうと思い、この古酒櫻井を進めました(たしか20号タンク)。 20号タンクといえばもうほとんど出回っていないのではないでしょうか?

 しかし、同僚はひとこと「うんにゃ~、こんたぁ~しょつん味はせん!」。

まぁ、人それぞれ好みはあるので、無理強いは良くないですよね。 この同僚は島美人を絶賛します。 それはそれでいいのです。

古酒櫻井:2006年12月 焼酎バー様より
ジョグ:スイムトレーニング
焼酎:日本酒(後日ネタアップします)、蔵番長、野武士(こりゃ~凄い!)

2006年12月24日 (日)

野武士

Sdscf0007  これまた焼酎バー様からの品物でございます。 これは米焼酎でした。

「昭和62酒造年度製造・純米焼酎十七年古酒」とあります。

 製造は島根県の加茂酒造ってとこです。

鹿児島ではほとんど出会わない焼酎ですね。

博多に米焼酎好きな方がいらっしゃるので小分け飛ばしますね。

クリスチャンじゃないけど、皆さんメリークリスマス!。

野武士:2006年12月焼酎バー様より
ジョグ:ロング23.75km(ふれスポ)
焼酎:クリスマスイヴなのでシャンパン、八幡、蔵番長

2006年12月22日 (金)

壷熟

Sdscf0006_2  この銘柄はおいどんもはじめて見たでごわす。

「壷熟」。 製造は杜氏潤平どんでごわす。

 これも、長州の焼酎バーどんに頂いたでごわす。 わっぜい珍しか焼酎でごわす。 味はまだ飲んでおらんとでごわす。

 きゅもまた忘年会でごわした。 ちぃっとばっかい酔くろんぼでごわす。したぎぃなぁ~。

壷熟:2006年12月焼酎バー様より
ジョグ:レスト(忘年会)
焼酎:黒伊佐錦(一次会)、夢鏡、紫美(二次会)

2006年12月21日 (木)

花尾

Sdscf0005_2  終売品「花尾」。 焼酎バー様より頂いた焼酎である。

東酒造、杜氏は魔王で有名な前村貞夫氏である。

焼酎バー様、誠に貴重な焼酎をありがとうございました。

これも、しばらくは開けられそうにありません。

花尾:2006年12月 焼酎バー様より
ジョグ:レスト(雨)
焼酎:休肝日

2006年12月20日 (水)

楽酔喜酒

Sdscf0004_4  タイトルをこれにすれば、多分アクセス件数は物凄くなると思う!

 アクセス解析を行うと、タイトルにプレ物となるとアクセスが通常より100UPは確実となる。 ただ、今回のタイトルに関しては、”全く購入する意思がない”ので大変申し訳ありませんが、タイトルでアクセスを稼ごうとという意思であります。

 折角来ていただいた皆様、 折角なので以下をアクセス願います。

 今日は、ポンタさんが来られたので、「鷹」で飲み会でした。 この間の焼酎も一杯あったので、めちゃくちゃでした。 何を飲んだかは詳しく覚えてません。 福岡回廊チームも今日は飲んでいたらしく、電話で交流いたしました。

 またまた、いい気分で酔っ払いです。 皆さんすみません。 写真は、焼酎バー様に頂いた、ねずみ男ボトルの日本酒です。 「鷹」にこれまた飾ります。

 博多蔵様より、物凄い焼酎が提供されました。一本目「大淀黒」、終売品です。これはあpさんが頑なに開封をこばみましたが、折角の博多蔵さんからの差し入れなので私が開封&初飲みしました。 旨かったです。
 二本目。鹿屋の久木田酒造の麦(名前は忘れました)。 これは花系の酵母を使った麦でした。 ただ、鹿屋のこの蔵元は既に無くなっているのでこれも終売品ですね。 私には合いませんでした。 これ、ronさんは好きかも(前ronさんに頂いた麦にそっくり)。

ねずみ男:焼酎バー様
ジョグ:14.4km(桜島)
焼酎:八幡、川越、大淀黒、麦(鹿屋の久木田酒造)、枕崎、幸造(紅芋)、あとは覚えてない。

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天