« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

豊永蔵原酒

Dvc00034  これはかなり前に福岡の蔵さんからの小分け品を、ポンタ様経由で頂いたものである。

 何故か「奄美」のミニチア瓶に入っている。

 極楽にも共通する味? 表現が難しいが米焼酎の妙なスィート感がなくて逆に旨い。(旨いまではいかないかもしれないが)
 こういう味なら、米焼酎でも買う価値ありかな。あとは値段次第。

 メールマガジン サントリーEニュース

豊永蔵原酒:2007年 蔵さまより小分け
ジョグ:ブートキャンプ基礎編(まだ50分動けず)
焼酎:松露104号、亀五郎、里の曙

2007年5月30日 (水)

Sdscf0044 岩倉幸雄:宮崎県西都市下三財
麹米:宮崎県産ヒノヒカリ

 岩倉さんの焼酎は中々手に入らない。 絶対数が少ないという事もあるが、それよりも美味しいからである。

 美味しい焼酎ってやっぱり、蔵元さんの努力だと思います。 この蔵、大好きです。

でもこの妻は麦を感じてしまうんですよ、何故か?

メールマガジン サントリーEニュース

妻:2007年4月
ジョグ:ブートキャンプ40分
焼酎:松露104号、亀五郎、里の曙

2007年5月29日 (火)

白馬

Sdscf0053  ネタきれなので、またまた家の在庫をあさって白馬。

八木合名会社:鹿児島県垂水市新御堂字鍋ヶ久保

白麹仕込。

どうなんでしょう。 開封できなくなってしまいました。

 昨日、TVを見てましたら鹿児島テレビ(ローカル)で旅番組やってました。長井秀和、さとう珠緒が鹿児島を旅するという番組でした。

 実は、この番組で紹介された垂水市の株式会社桜島「樵の分け前」は、うちの実家のすぐ隣(前にも紹介したかもしれませんが)なんです。

 地下1117メートルから沸き出でる温泉水で紹介されてました。

で、長井秀和とさとう珠緒がダンスを踊ってました。

うちの実家の前で! 大した事はありませんが。

 地元の方で、この場所が分かる方、水を購入されたら隣の家は平均的日本人が育った家です。

 ちなみに、私が住んでた頃は株式会社桜島は影も形もありませんでした。

メールマガジン サントリーEニュース

白馬:私の地元垂水の焼酎です。
ジョグ:今週はビリーズ・ブートキャンプにチャレンジ
焼酎:松露104号、亀五郎、黙壺子

2007年5月28日 (月)

ガスぬかず

Dvc00004  植園酒造合資会社:鹿児島県薩摩郡さつま町平川

園乃露の原酒+ガスぬかず。

園乃露といえば個人的にはエグミNO1。  独特の味。

このガスぬかずは兜さん持参の物。

ある意味、飲めそうもない物を想像したが、名前に反して結構まろやか。 かなりいい線を行く焼酎である。

でも、これって普通に売ってるの?

メールマガジン サントリーEニュース

ガスぬかず:2007年5月 兜さん持参
ジョグ:レスト
焼酎:松露104号、亀五郎、里の曙

2007年5月27日 (日)

万膳の秘密?

 有限会社万膳酒造:鹿児島県霧島市霧島永水

 このブログをご覧になる方は、この蔵のファンの方も多いと思います。

 昨晩、荒田地区対策会議(飲み会)で、この蔵の焼酎のラベルについての講義がありました。 講師は、佐賀からお見えになった兜様(サプライズなゲストでした)。

 万膳さんのレギュラーといえば、萬膳、萬膳庵、真鶴と3種類ありますね。

Man 左の写真は、その3本のラベルの写真なのですが、全て「山小舎の蔵」の文字が入っていますね。 実はその”舎”の字をよく見てください。

 口の部分が赤いですよね。 ここまでは多くの方がお気付きになっていらっしゃると思います。

 実は、この口の中が3種類とも違うのです。 よ~く見てください。 真鶴はラベルの色で分かると思いますが、萬膳と庵の区別が分かりますか?

 正解は左が萬膳です。 口の中に黒がありますね、萬膳は麹は?
庵は、分かりづらいですが、口の中に黄があります、庵は何麹ですか? 真鶴も同じです。

 分かりました? っていうか知ってました? 

福岡のラベル研究家のP様あたりに受けるネタではないでしょうか?

Pさんどう?

ronさんどうでしょうか?

 ところで、昨晩はゆめみ家さんに入った瞬間にびっくり、兜さんが来られているとは、しかもまりりんさんも一緒に。 しかし、盛り上がりましたねぇ~、昨日も。

 参加された、ないしょさん、まさぞーさん、楓さん、シトロンさん、minminさん、兜さん、まりりんさんありがとうございました。

 

メールマガジン サントリーEニュース

ジョグ:レスト
焼酎:休肝日(昨日飲みすぎ)

2007年5月26日 (土)

薩摩すんくじら

Sdscf0047 株式会社杜氏の里笠沙:鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木

黒麹仕込。

 本日は、福岡の偽兄弟よりミッションを受けた為、杜氏の里へ出かけた。 折角だったので、薩摩すんくじらを購入。

 この焼酎、ネーミングが大好き。 「すんくじら」とは鹿児島弁で「すみっこ」のこと、よその人が聞いたら「くじら?」って思うでしょう!

 本日、荒田地区緊急対策会議に召集がかかったので、これを持参してゆめみ家さんに行ってきます。

メールマガジン サントリーEニュース

薩摩すんくじら:2007年5月26日 杜氏の里
ジョグ:レスト
焼酎:夕刻より荒田地区緊急対策会議の予定

2007年5月25日 (金)

き六

Skiroku 株式会社黒木本店:宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋

黄金千
黒麹仕込
甕壺仕込み

この蔵は、麦の百年の孤独で一世を風靡した蔵である。 焼酎革命を起した蔵と言っても過言ではない。

 ちなみに皇太子様は百年の孤独を飲まれているのだろうか?

個人的には、この蔵の尾鈴山蒸留所の「山ねこ」が好きだ!

メールマガジン サントリーEニュース き六:2006年5月頃
ジョグ:レスト
焼酎:八幡、亀五郎

2007年5月24日 (木)

伊佐錦

Sisanisiki  大口酒造業組合:鹿児島県大口市原田

白麹仕込。

 今年、ラベルが一新された。 写真は旧ラベルということになる。 だからラベルを集めるのも楽しいのである。

地元では黒伊佐錦の人気は凄いものがある。 しかしその味の奥には昔から親しまれているこの焼酎の存在がある。

クリックお願いします→メールマガジン サントリーEニュース

伊佐錦:2005年
ジョグ:レスト
焼酎:亀五郎、松露104号、八幡

2007年5月23日 (水)

金峰荒濾過

Dvc004  宇都酒造株式会社:鹿児島県南さつま市加世田益山

 黒麹仕込、濾過はほとんどされていない。 開封してを1週間程度で飲み干してほしいという触れ込み。

 今年の新製品らしいが、四代目の熱狂的ファンのちろりん様がゆめみ家に持参された一品。

 私的にはこの銘柄は2回目だったが、改めて飲むと、何と言うんだろう昔の焼酎にあった味と香りというか最近の焼酎にありがちな決して綺麗な味じゃない旨さを感じる。 これが焼酎の旨さであるっていう感じの主張がある。

クリックお願いします→メールマガジン サントリーEニュース

金峰荒濾過:2007年5月 ゆめみ家さん
ジョグ:ウォーキング40分
焼酎:松露104号、こしき亀五郎

2007年5月21日 (月)

大和桜紅芋35度

Dvc00001 大和櫻酒造株式会社:鹿児島県いちき串木野市湊町

 原料:紅さつま
 全量甕壷仕込

 これ、買ったのですが、紅芋25度があまり好みではありませんでした。 とりあえずこれで梅酒つくってみます。

クリックお願いします→メールマガジン サントリーEニュース

大和桜紅芋35度:2006年 山形屋
ジョグ:8.4km(ふれスポ)
焼酎:松露104号、日南娘20度、羅針盤

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天