« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

赤霧島

Dvc00029 霧島酒造株式会社:宮崎県都城市下川東4丁目28号1番
ムラサキマサリ。
25度。

 自宅の近くに最近、酒屋さんが出来ました。 区画整理で移転してきたらしいです。

 ウォーキングの途中で目を凝らし、棚を見てました。

いつも気になってたのですが、三岳が10本ぐらい並んでるんです。

おとといついに意を決し、その店に入りました。

三岳(小瓶)一本1500円でした。

さらに、金峰櫻井4500円。 魔王、6本セット。他にも色々ありました。

店は、年配のおばちゃんが一人でやってらっしゃいます。

何も買わず店を出るのも気が引けます。 三岳の横にあった赤霧を「これいくら?」って聞きました。

「1500円。」 速攻、それを買って帰りました。もう行きません。

だれが、おばぁちゃんにそんな知恵を貸しているんでしょうか。

今日の気になる焼酎。

志布志事件の大久保酒造です。

見たことありません。

赤霧島:2008年4月
ジョグ:70分LSD
本日の歩数:2483歩
焼酎:松の露、八幡

2008年4月28日 (月)

松鳴館

Dvc00028 萬世酒造株式会社:鹿児島県南さつま市加世田高橋1940-25
37度。
黄金千貫。
三石かめ壷。
無ろ過。

Dvc00019 今日はタイトル(右の写真)の松鳴館に行ってまいりました。

 南さつま市の海浜公園のすぐ隣にあったので、前々から気になっていたのですが、訪れるのは初めてでした。

 すごく立派なたたずまいで見学自由です。 ただ、観光客は我々だけでした。

 展示もかなり立派で見ごたえもありますが、他の焼酎蔵(見学施設の整った)とあまり大差はありません。

 写真の松鳴館は写真だけですが、他の製品は試飲ができます。

今日の気になった砂像。

Dvc00003 その海浜公園の入り口にあった砂像です。

GWに、となりのかせだドームで「砂の祭典」が開催されます。

一度も行った事がありませんが、どうでしょう?

松鳴館:2008年4月
ジョグ:50分ウォーキング
本日の歩数:17615歩
焼酎:赤霧島

2008年4月27日 (日)

有泉

Dvc00004 有村酒造株式会社:鹿児島県大島郡与論町茶花226-1
黒糖。
20度。

 度数ラベルを見てもらえばわかりますが20度です。 黒糖焼酎にも20度のがあるのをはじめて知りました。

 昨晩、職場の飲み会で2次会で、騎射場の「ゆんぬ」という居酒屋さんに行きました。

ゆんぬというのは島の方言で与論島の事だそうです。

 この与論島では与論献奉という風習があるそうです。 簡単に言うと回し飲みをするわけなんですが、この20度の焼酎を生で一気に飲み干すわけでして、20度とはいえ、昨晩は久しぶりに記憶をなくしました。

 先日、黒糖焼酎の話を少し書きましたが(割り水が本土と島で違う)、生で飲むとその心配もないようですので、純粋な味を楽しめると思います。

 この有泉20度は限定品かと思ってましたが、普通に販売されているようです。

 ちなみにココでも買えます。 与論献奉に関する説明もありますのでご覧ください。

今日の気になる焼酎。

紅隼人という芋を使った焼酎です。

有泉:2008年4月
ジョグ:レスト
本日の歩数:6042歩
焼酎:休刊日

2008年4月25日 (金)

一どん

Dvc00003 株式会社杜氏の里笠沙:鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木6762番地
黄麹。
25度。

初代黒瀬杜氏の片平一(はじめ)の愛称「いっどん」から名づけられた焼酎。

 焼酎作りのプロ集団黒瀬杜氏のパワーなのか、かなり完成度の高い焼酎です。

 中々手に入らないのが難点です。

今日の気になるツマミ。

昔、うるめイワシってよく食べました。

焼酎に結構合うんですよね。

一どん:2006年
ジョグ:レスト
本日の歩数:11635歩
焼酎:刀、三岳

2008年4月24日 (木)

久三郎

Dvc00001 三和酒類株式会社:大分県宇佐市山本2231-1
25度。
大麦。
大麦麹。

「ゆふいんの森号ボトル」。 久三郎は大分県宇佐平野で収穫された二条大麦ニシノホシを原料に丹念に仕込まれた本格焼酎ですと書いてあります。

昨日紹介した、島美人は360mlなのにこちらは500mlあります。箱の大きさは一緒なのに?

麦焼酎は苦手なのですがこのボトルが気に入ってます。

今日の気になるつまみ。

旨そうなホタテです。

久三郎:2007年
ジョグ:50分軽くジョグ
本日の歩数:11201歩
焼酎:松の露、刀

2008年4月23日 (水)

島美人

Dvc00020 長島研醸有限会社 :鹿児島県出水郡長島町平尾387番地
25度。

写真は、新幹線つばめボトル。(ネタ切れにつき再登場)

5つの蔵元さんが作り出す焼酎を絶妙のブレンド技術によって醸し出す島美人。 本当にすごいヒット作品である。

 焼酎ブームの前から、地元では一世を風靡した焼酎です。

今日の気になるドリンク。
Dvc00021 「リアルキアイダー」

ちょっと前の商品です、売れ残りでワゴンセールでした(涙)。

島美人:2007年
ジョグ:レスト(雨)
本日の歩数:13596歩
焼酎:三岳、松の露

2008年4月22日 (火)

宮路

Dvc00003 小玉醸造合名会社:宮崎県日南市飫肥8-1-8
栗東。
37度。
白麹。
写真は熟成9号酵母。 平成18年度もの。

杜氏潤平で有名な小玉醸造の焼酎。

芋がかの有名な栗東を用いています。

栗東を使った焼酎も最近では数多く出ていますが、あまりピンときません。

個人的には焼酎には合わない芋だと思っています。

杜氏潤平さんも最近ではあまり評判が良くありません。

焼酎ブームが下火となった今、本当の意味で味が問われているんだと思います。

 ただ、栗東で気になるのはラベルに「くりあずま」とひらがなで書かれた、新屋酒造のやつですが、現存しているかどうかは不明です。

今日の気になる酒器。

風流はありませんが、お好みで飲めそうです。
宮路:2006年6月
ジョグ:1時間ウォーキング。
本日の歩数:9766歩
焼酎:三岳、刀。

2008年4月21日 (月)

松の露

Dvc00003 櫻井酒造有限会社:鹿児島県南さつま市金峰町池辺295番地
25度。
黄金千貫。
白麹(さりげなく黒麹をブレンド)?

古酒櫻井の原点だと思ってますが違いますか?

 私も鹿児島に長いこと住んでますが、この蔵を知ったのはつい最近です、それ位、昔は知られてませんでした。

 この蔵をメジャーにしたのは酒屋さんだと思ってます。

 その酒屋さんグループのある方から古酒櫻井のエピソードについてお聞きした事があります。「櫻井さんは結構いい加減な人ですよ、我々が蔵に行って見つけたタンク(甕だったかもしれません)にあった焼酎を、これは旨いといって製品化させたのが古酒櫻井ですよ。」 こういった、酒屋さんの活動のもとに生まれた古酒櫻井が私の中ではかなり上位に位置する焼酎になってます。

 蔵に行って、かなり古いタンクを見つける事自体がちょっと驚きですが、故たぶっちゃんが、「櫻井さんの芋の処理だけは一番じゃっど」という言葉も頭から離れません。 そのあたりも、この蔵の味につながっていると思います。

今日の気になるツマミ。

殻つきは美味しそうです。

松の露:2008年4月
ジョグ:60分ウォーキング
本日の歩数:18035歩
焼酎:八幡、刀

2008年4月20日 (日)

煌きの島

Dvc00003 奄美酒類株式会社:鹿児島県大島郡徳之島町亀津1194
黒糖。
25度。

黒糖焼酎は久しぶりの登場です。 これは職場の同僚に頂いた物です。

1ヶ月前くらいに開封したのですが、中々進みません。

 やはり黒糖焼酎は飲み方を考えてしまいます。 料理も合うとなると、食中にはどうも難しいような。

 以前、奄美料理の店で頂いた時には、すぅすぅ入っていった記憶があるので、料理次第なんでしょうね。

 鹿児島は離島が多いので、転勤とかで島に行かれたりする方々が多いわけで、郷に入れば郷に従えというわけで、黒糖になじまれる方も少なくありません。

 知り合いが、「本土と島の水が違うから、本土では割ったら旨くない。」と話していた記憶があります。 真意はどうなんでしょうね。

ところで、今日は大潮で昼間干潮でした。 お約束で、下の子と潮干狩り。

Dvc00019場所は、南薩方面。Dvc00004_2

小ぶりなアサリがちょっとだけでした。

帰りに酒屋に寄って、八幡の小瓶と松の露を購入。 

川辺に寄って、高良水をたっぷり汲んで帰ってきました。

今日の気になる焼酎。

白金酒造なので期待ができます。

煌きの島:2007年 頂き物
ジョグ:レスト
本日の歩数:1541歩
焼酎:愛子、いもがらぼくと、刀

2008年4月19日 (土)

Dvc00004 有限会社佐多宗二商店:鹿児島県南九州市頴娃町別府4910番地
44度。
紅さつま。

 紅さつまを使った焼酎というと現在、佐多さんの所ではこの銘柄だけなんですが、44度といえば、初留しかないですよね。

 昔は「斬新明鏡」という銘柄が紅さつまを使っていたらしいので、これの初留だったのかもしれませんが、現在はどうなんでしょう。

 4・5年前に購入したと思いますが、今日開封しました。 やっぱアルコール度数の高いのは自分には合いません。 芋焼酎の感覚が全くといっていいほどありません。 水で割ってもです。

焼酎は25度が最高って認識させられました。

spa今月の温泉③
Furo13a minminさんに刺激を受け、行ったのは近所の「いろはの湯」です。

泉質:炭酸水素塩泉
料金:大人360円

混んでいなければ、この値段は驚きの施設です。 菜の花マラソンのときも池の鶴さん、ミサオさんをお連れしました。

お勧め度:☆☆☆☆

刀:2005年くらい?
ジョグ:35分LSD
本日の歩数:3920歩
焼酎:刀、いもがらぼくと

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天