« しょうちゅうの華 | メイン | マンズ・モンフレール »

2011年7月26日 (火)

一壷春

Img_2568古澤醸造合名会社:宮崎県日南市大堂津4-10-1。
25度。
白麹。
3年熟成。

「一壺春(いっこしゅん)」酒銘の由来
 何用巖棲隠姓名 何を用ってか巖棲して姓名を隠せる
 一壺春酎可忘形 一壺の春酎 形を忘る可し
 伯倫若有長生術 伯倫若し長生の術有らば
 直到如今酔末醒 直ちに如今酔いて未だ醒めざるに到らん
どうして山奥に住んで姓名を隠しているのか、春の濃い酎が一壺あれば自分自身を忘れることができる。伯倫(劉伶)にもし長生の術があれば、今までずっと酔ったまま醒めずにいることだろう。

                      ~引用~

自分は三国志にあまり詳しくないので良く分かりません。

ここらは蔵。さんがコメントにて補足してくださるでしょう。 よろぴくね。

という訳で、今日も夏の豪雨に見舞われた鹿児島市でした。

一壷春:2011年2月 宝納酒会
ジョグ:バドミントンで。
本日の歩数:5642歩
焼酎:しょうちゅうの華

コメント

豪雨ドォ~ムです。
ハイ、私も三国志には疎いので
P。師匠にお願いしたいところですが
御降臨くださるでしょうか?
ハイ!(汗)

蔵。様
偽兄ドォームです。
お元気でしょうか?

宮崎酎では古澤さんが一番好きかも。
ただ、これはあまり得意ではなかった記憶があります。

三国ではありませんが
母校の九国が本日、決勝戦です。
応援してねっ・・・

ron様
古澤さん、鹿児島の焼酎みたいですよね。

鵜。様
母校甲子園出場オメ!
甲子園で優勝して欲しかです。

コメントを投稿

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天