« アサヒスーパードライブラック | メイン | 金麦 »

2012年5月22日 (火)

空海劇場

Img_0198大口酒造株式会社:鹿児島県伊佐市大口原田643。
25度。
黒麹。

 今から1200年前、唐で修行した弘法大師(空海)が帰国し、福岡の博多に降り立ちました。
 その空海が最初に創建した寺院が「東長寺」です。
「東に長く、密教や文化が広まるように」として名付けられた寺は、当時 空海が持ち帰った新しい文化の発信の地になったはずです。

 そしてその東長寺に、古き日本の伝統と現代の最先端技術が調和した五重塔が建立されました。
 その五重塔の落成を記念し、空海の生き方や思想をもとに、伝統芸能やアート、音楽やファッション、そして歴史といった様々な文化的要素を織り込んだ新しい文化の夜明けを予感させるイベント「空海劇場2011」が5月末に開催されました。
 イベントの一環として、BS「酒場放浪記」で知られる酒場詩人・吉田類さんのプロデュースでつくられたのが芋焼酎「空海劇場2011」です。
また、焼酎のラベルデザインは現代書道家・本田蒼風さんが担当しています。
芋焼酎「空海劇場2011」は黒麹で仕込んだ芋焼酎を、3年間甕壷で寝かせた熟成焼酎です。
 熟成焼酎ならではの芳香に、コクと旨みのあるまろやかな深い味わいに仕上がっています。

1200年に及ぶ歴史に想いをはせながら どうぞお楽しみになってください。

そんな焼酎です。

蔵。さんへのお土産用に購入しました。

 すげぇ薀蓄のある焼酎でした(笑)。

空海劇場:2012年 鹿児島ふるさと物産館
プール:ウォーキング&スイミング(50分)
焼酎:焼酎委員会

コメント

薀蓄ドォ~ムです。
ぉ土産をありがとさんでした。
中身は多分『甕黒伊佐錦』だぜぇ・・
ハイ!(笑)

蔵。様
黒伊佐ドォームです。
新銘柄ってよほどの事がない限り違うものは造ってないんでしょうね。
ラベル張り替えただけ。

コメントを投稿

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天