« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

一壷春

Img_0409古澤醸造合名会社:宮崎県日南市大堂津4-10-1。
25度。
白麹。
3年熟成。

前回の投稿から、

「一壺春(いっこしゅん)」酒銘の由来
 何用巖棲隠姓名 何を用ってか巖棲して姓名を隠せる
 一壺春酎可忘形 一壺の春酎 形を忘る可し
 伯倫若有長生術 伯倫若し長生の術有らば
 直到如今酔末醒 直ちに如今酔いて未だ醒めざるに到らん
どうして山奥に住んで姓名を隠しているのか、春の濃い酎が一壺あれば自分自身を忘れることができる。伯倫(劉伶)にもし長生の術があれば、今までずっと酔ったまま醒めずにいることだろう。

                      ~引用~

やっぱ分からんです。

今回も、古澤さんの見学のお土産としていただきました。(感謝)

さて今日は、九州高校野球秋季大会第三日目、本校は2回戦(初戦)で、長崎県代表の創世館高校と対戦し惜しくも1-0で敗戦しました。

これで来春の選抜は絶望的となってしまいました、来夏の甲子園目指して頑張ってほしいです。

一壷春:2012年10月 古澤さん
ジョグ:10.5km(ふれスポ)
本日の歩数:8923歩
焼酎:金乃露20度

2012年10月26日 (金)

頴娃

Img_20121008_182958知覧醸造株式会社:鹿児島県南九州市知覧町塩屋24475
アルコール度数:25度
頴娃町産黄金千貫芋
企画:NPO頴娃おこせ会
食用パープルスイートロード芋仕込み

 「頴娃」についてはかつて飲んだ事があったのですが、今回知覧醸造さんの訪問後、頴娃の酒屋さんで発見いたしました。

 知覧さんの「正木」って焼酎が、コセドさんのPBで販売されていまして、このパープルスイートロードって芋を使っているって以前聞いた事がありました。

「正木」は販売本数が少なく、すぐなくなってしまうので中々購入できないでいます。

 そんな中での発見だったのでラッキーでした、実際知覧さんに確認しても、まだこの焼酎がありましたかって感じのお返事だったので、貴重でした。

 まや開封できない焼酎が増えてしまいました。

頴娃:2012年10月 頴娃にて
ジョグ:12km(フレスポ)
本日の歩数:10285歩
日本酒:墨廼江ひやおろし

2012年10月24日 (水)

尾崎宗春

Img_0411小玉醸造合名会社:宮崎県日南市飫肥8-1-8。
黄金千貫。
白麹?。
25度。
限定品。潤平さんが初めて黄金千貫で仕込んだ焼酎。
宮崎のブランド牛として有名な「尾崎牛」の生みの親尾崎宗春さんの名前から付けられたそうです。

以前、どこかで飲んだ事があると思ったらminmin亭でした。

かれこれ3年前。

正式には販売されていない焼酎じゃないでしょうか?

今回、けいくんからお土産に頂きました。

これもしばらくは開封できそうにありません。

尾崎宗春:2012年10月 けいくんから
ジョグ:40分+WS×5
本日の歩数8518歩
焼酎:金乃露20度

2012年10月22日 (月)

丹宗

Img_0408_2木場酒造有限会社:鹿児島県曽於市末吉町諏訪方8881-2。
25度。
河内S型白麹+NK菌(白黒ブレンド)
丹宗は、八丈島に芋焼酎の造り方を伝えた丹宗庄右衛門の名前から銘々されました。 そうです。

丹宗って焼酎は知っていたんですが、画像の通りかなり歴史を感じる瓶に「宗」と言う字を誤認してしまいして、「終買品だと」確信し購入してしまった焼酎です。

付け加えますと、蔵。さんのお勧めの蔵元さんでもあり、終買品発見となるとそれだけの手柄になるとの下心もありました(反省)。Img_20121022_183101

しかしまぁ、2割引だったので良しとします。

 さて、今日はその丹宗を購入した時にご一緒した富山のまんさんから、カニが送られてきました。

しかし、これだけのカニは初めてでした。

 カニを食べると人は無口になると言いますが、まさに今日の我が家はその状態でした。

 このカニ一杯が物凄い量でして、1杯食べるのに大苦戦でした。

生まれて初めて腹いっぱいカニを食べました。

まんさんありがとうございました。

丹宗:2012年10月 宮崎の渡邊さんの近くの酒屋
ジョグ:10.5km(ふれスポ)
本日の歩数:9237歩
焼酎:丹宗(実は美味かったです)

2012年10月19日 (金)

金の露

Img_0406_2 川越酒造場合資会社:宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4415。
白麹。
25度。

 宮崎の焼酎でナニが欲しいと聞かれたら、20度の焼酎が欲しいと答えます。

銘柄は特にこだわりませんが、今回宮崎を旅して唯一購入した20度がこれ。

銘柄はこだわりませんがと言いつつ、霧島とかは鹿児島で買えます。

なのでこの金の露を狙ってました。

一店目でスルーしたので多少あせりましたが、無事購入できました。

これも、焼酎ブームが去ったって事なんでしょうね。

今回は、こいつをじっくりロックで味わってみたいと思います。

さて、ソフトバンク、後がないんですが、九回ワンナウトです。

金の露:2012年10月 なかはら酒店
ジョグ:80分間JOG(90分の予定だったのに)
本日の歩数:7970歩
焼酎:丹宗

2012年10月18日 (木)

RAAA

Img_20121006_233559本坊酒造株式会社:鹿児島市南栄3丁目27番地
本格焼酎:ハバネロ
アルコール度数:34度
容量:500ml

宮崎のブルーツリーで試された焼酎です。

罰ゲーム用の酒ですね。

是非、高濃度好きの蔵。さんに飲んで欲しい飲み物です。(はい)

さて、我が校の情報ですが、高校野球、見事に県大会を制しました。

という訳で、来年のセンバツ出場を賭け、27日から長崎で開催される九州大会に出場します。

本日、その組み合わせ抽選会が行われ。

画像の通りに決まりました。 二勝あげれば甲子園確実と言われる九州大会。

福岡代表の大きな壁がありますが健闘をきたいします。

皆さん、応援のほどよろしくお願いいたします。

2012年10月15日 (月)

日南娘ホワイトリカー

Img_20121006_212425株式会社宮田本店:宮崎県日南市大堂津4-1-8。
35度。
白麹。

 世の中に焼酎好きは沢山いると思いますが、その焼酎好きでも買えない焼酎があります。

 それがこの日南娘ホワイトリーカー。

毎年数十本しか出荷されません。

そもそも、蔵元さんでも商品という概念はないそうです。

 蔵のご近所の方が梅酒用にと造られたのがきっかけだそうですが、各酒販店さんにも数本づつしかだしていないそうです。

 今回の宮崎の旅では、みょうが屋さんとブルーツリーさんでどちらも未開封のものを開封していただき飲む事が出来ました。

 はっきり言って味は良く覚えていませんが、この焼酎が飲めた感動は忘れません。good

日南娘ホワイトリカー:2012年10月 みょうが屋さん、ブルーツリーさん
ジョグ:10.5km(ふれスポ)
本日の歩数:10508歩
焼酎:一壷春、おやっとさぁ黒

2012年10月12日 (金)

萬年古酒

Img_0371Img_0372 有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
白麹。
25度。

 これ、渡邊さんとこに行って初めて知ったんですが、昨年200本ほど出荷された焼酎らしいです。

宮崎に同行したけいくんが知っていた焼酎です。

おそらく2年後にまた出荷されるのではないでしょうか。

 という事で、どこの酒屋さんも終買らしいです。 画像は蔵元さんに残された一本です。

Img_20121006_212436 一口でも飲みたいところですが、このような状況では難しいですね。

ところがその晩、奇跡はおきました、みょうが屋さんになんと残っていました、しかも店主のはからいで飲ませていただきました。

 飲んだ感想ですが、「古酒を感じさせないちょっとしたえぐみがありました、これはあと2年後に出るであろう、同じタンクの酒に可能性を感じさせる味でした。

 二年後が楽しみです。

しかし、コレを飲ませて下さった、みょうが屋さんに感謝です。

萬年古酒:2012年10月 みょうが屋さんにて
ジョグ:11.55km(ふれスポ)
本日の歩数:7989歩
焼酎:おやっとさぁ

2012年10月11日 (木)

宮崎の旅(その4)

Img_0401_2 宮崎2日目は好天候sunImg_0402_2

ご覧のとおり海も綺麗です。

最初に訪れたのは、宮田本店さん。

 社長が一昨年亡くなられて、現在はその奥様が経営されているそうです、蔵を案内して下さったのは、そのお母様でした。

Img_0413  土産で頂いた、醤油とトートバッグbagが嬉しかったです。

 次に向かったのは宮田さんから50mも離れていないでしょう、古澤醸造さんです。

どちらも造りに入られている中、丁寧に案内していただきました。

古澤さんでも一壷春をお土産に頂きました。

Img_0403そして宮崎のとりを飾ったのは、小玉醸造さんです。Img_0405

 こちらは前二蔵が海waveの近くにあるのに対して、同じ日南市でも山fuji手の飫肥というかつての城下町にあります。

 小京都といった街並みの中に蔵はあります。

近代的な中に古式の技法を用いた製造を感じさせる蔵でした。

 宮崎では4蔵を見学させていただきました。

 どの蔵も、若手の造り手さんへのシフトが行われ、それぞれにその蔵の特徴があるという点が印象的でした。

 どの蔵も、生産規模が小さく手造りを売りにする蔵元さんなので、これからも無理をせず、味の継承を目指して頑張ってほしいです。

ジョグ:レスト
本日の歩数:8348歩
焼酎:一壺春

2012年10月10日 (水)

宮崎の旅(その3)

Img_20121006_222531  「みょうが屋」さんで美味しいお肉と焼酎を愉しんだ後は、みょうが屋さんの店主のお勧めの焼酎バー「ブルーツリー」へ。Img_20121006_222907

 宮崎の街をほとんど知らないので、みょうが屋の彩ちゃんが、我々を案内してくれました。

 「彩ちゃん、ありがとうheart02

そして焼酎好きなら一度はその名前を聞いた事がある、宮崎の有名店「ブルーツリー」。

 多少緊張しながら入店すると、満員。

 マスターが我々を確認すると、そこに居たお客さんに「2千円、はいじゃーどうも」って感じで帰らせてしまいました(笑)。

そこから楽しい焼酎談義が始まりました。

Img_20121006_230327 色んな銘柄であれこれと、マスターが「あれはダメー!」「これは砂糖が入ってる。」 これがマジで大爆笑! マスターの正直な人柄ですね。 焼酎好きなら絶対マスターと相性ばっちりだと思います。

 焼酎の銘柄で語り合えるってのは、少しマニアックな部Img_20121006_235746分もありますが、それはそれで楽しいです。

 宮崎に行ったら絶対行くべきですね。

 ほんと貴重な焼酎も沢山飲ませていただきました。shine

しまいにはマスターの秘密部屋まで見せていただきました。

 焼酎好きのみなさん、宮崎のブルーツリー、絶対一度は行くべきですね。

という事で宮崎一日目終了。

ジョグ:10.5km(フレスポ)
本日の歩数:9090歩(神業)
焼酎:一壷春

アフェリエイト

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天