若潮酒造 Feed

2013年12月11日 (水)

sengamejyo patate douce

Img_20130817_173445864若潮酒造株式会社(千刻蔵):鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地。
アルコール分:18度
原材料:薩摩芋(鹿児島県産:紅はるか)・米麹(白麹)
蒸留方法:常圧蒸留

これは、新製品の中では好みの味でした。 熟成が進んだ感じがして美味しかったです。

名前がちょっと難しいですが「パタートゥ・ドゥス」とはアフリカ産のさつま芋でフランスでこう呼ばれているらしいです。

千亀女 Vent Parfume~ヴァン・パルファン~ 風芳香だそうです。

Sengamejyo ~vent parfume~:2013年8月 宝納酒会
ジョグ:7km(ふれスポ)
本日の歩数:8051歩
昨日の歩数:9486歩
焼酎:黒伊佐錦

 

2011年5月30日 (月)

黒若潮

Img_2560若潮酒造株式会社:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地。
黒麹。
25度。
1800ml:1,800円前後。

普通に美味しい焼酎です。

蔵。さん的には好みかな。

今日は、西村賢太の「苦役列車」を読みました。

自叙伝なんですかね、結構面白かったです。

黒若潮:2011年2月 宝納酒会
ジョグ:レスト
本日の歩数:10217歩
焼酎:一どん、田倉

2011年5月 6日 (金)

たんこどん

Img_2561若潮酒造株式会社:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地。
白麹。
25度。
1800ml:2256円

樽・桶職人のことを鹿児島弁で「たんこどん」と呼ぶそうです。

現在、鹿児島県にはその職人さんは津留辰矢さん、お一人しかいないそうです。

 その津留辰矢さんが作った木桶蒸留器で作られたのがこの「たんこどん」というわけです。

 女房が体に変なほくろが出来ているということで先週、病院で診てもらったところ、ほくろのがん(メラノーマ)ではないらしいが一応念のため、切除して検査をすることになり、本日病院へ付き添ってきました。

 検査の結果がでるまでは少し心配ですが、良性であることを祈るだけです。

たんこどん:2011年2月 宝納酒会
ジョグ:75分LSD
焼酎:松の露、薩摩茶屋

2010年12月28日 (火)

大黒徳利

Img_0042若潮酒造株式会社:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地。
25度。
白麹。
実家に合った焼酎です。

正月に飲んでみたいと思います。

今日は、同僚と指宿に試走に行ってきました。

おいどんは心の湯からコースを逆走し、30km地点まで走って折り返しました。

距離にして約24km程ですが、一杯一杯でした。

本番が思いやられます。

その後、温泉に入って、生ビ飲んで、酸素カプセルを体験して帰宅しました。

有意義な一日でした。

大黒徳利:2010年12月 実家にて
ジョグ:24km
本日の歩数:付けてません
焼酎:今日は赤ワインでした。

2010年5月30日 (日)

千刻蔵

Dvc00025若潮酒造協業組合(現若潮酒造株式会社):鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地。
河内黒麹菌。
鹿児島2号酵母。
米:国産うるち米。
杜氏:原田修治。
31度。(何故かここだけ張り替えてありました)
この焼酎は若潮酒造が千刻蔵を建てた年に、限定でトンネル貯蔵されたもので、今年が5年目という事で購入者に配送されたそうです。
 今回は、軍団首領殿が5年前抽選shineで当てたそうです、そのお披露目会におじゃまさせていただきました。

 昨日は、昼は12時から同僚の結婚披露宴eventに出席し、その後『鷹』にてこの会に参加させていただきました。

 メンバーは、軍団首領cat殿、軍団長nobudog様、軍団幹部庵膳MANleo様と軍団以外からめだかさんと私ということで、軍団淫の方々の色の濃いノン方でした。

 あとおひとりの軍団淫の方virgoは博多の方でまさちゃんと偽兄P様と馬子様と飲まれていたようですが、途中で無線で連絡を取り合われていたようでした。

 さてお味の方ですが。はっきり言って昼の12時から飲んでたので、味わう事ができませんでした(涙)。 もうすっかり酔っ払ってしまって、焼酎と言うだけしかわかりませんでした。

 ただそのような状況下でかなり飲んでしまった事をお詫び申し上げます。

首領殿どうもありがとうございました。

千刻蔵:2010年5月 鷹にて
ジョグ:レスト
本日の歩数:3518歩
焼酎:休肝日

2010年1月12日 (火)

Img_1759若潮酒造株式会社:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地。
25度。
白麹。
割水:樵の分け前
若潮酒造の焼酎の置いてある酒屋さんでは割と見かけます。

おいどんの実家の隣から沸き出でる温泉水「樵の分け前」を割水に使用した焼酎です。

 最近では実家に帰るとこの焼酎ばっかしです。 「水」や「焼酎」をお隣のよしみで頂くみたいです。

 さてマラソンが終わり今日から仕事が始まったわけですが、なんと我がクラス、生徒が14名欠席、うち10名が新型インフルエンザということで、『学級閉鎖』となりました。

 色々、電話対応やその他に追われあわただしい一日でした。 さらに入試の準備も始まり忙しくなりました。 

樵:2010年1月 実家にて
ジョグ:レスト
本日の歩数:10326歩
焼酎:旬、萬膳庵

2009年11月 5日 (木)

なんつぁならん

Img_1652若潮酒造株式会社:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地
白麹。
25度。
なんとこの焼酎1升で税込1150円です。
鹿児島ではスーパータイヨーの酒屋「酒のベリーマッチ」で販売されています。

鹿児島弁で「なんともいえない」(嬉しすぎて)という意味です。

 数年前、首領殿の母校が甲子園でベスト4に入った際、ホームランを打った捕手がこのセリフをインタビュで答え、地元では一躍有名になりました。

 実はこの銘柄、春にTシャツを見ました。 それはRyoさんが着ていたTシャツでした。 池袋の「Bettako」さんという居酒屋の焼酎プロジェクトで造ろうとしていた焼酎の名前が当初「なんつぁならん」だったらしいのですが、登録商標の関係で使えなくなったと仰ってたのを思い出しました。

 まぁ登録商標と言われれば難しいのでしょうね。

値段が値段だけに味が気になりますがどうでしょうか。

明日は「新焼酎を飲み干せ」というイベントがminmin亭で開催予定です、博多のあの方や、防府のあの方等々酔っ払いの電話に注意です。

なんつぁならん:2009年11月 酒のベリーマッチ
ジョグ:10.5km(ふれスポ)
本日の歩数:7123歩
焼酎:伊佐美

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天