渡邊酒造 Feed

2012年10月12日 (金)

萬年古酒

Img_0371Img_0372 有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
白麹。
25度。

 これ、渡邊さんとこに行って初めて知ったんですが、昨年200本ほど出荷された焼酎らしいです。

宮崎に同行したけいくんが知っていた焼酎です。

おそらく2年後にまた出荷されるのではないでしょうか。

 という事で、どこの酒屋さんも終買らしいです。 画像は蔵元さんに残された一本です。

Img_20121006_212436 一口でも飲みたいところですが、このような状況では難しいですね。

ところがその晩、奇跡はおきました、みょうが屋さんになんと残っていました、しかも店主のはからいで飲ませていただきました。

 飲んだ感想ですが、「古酒を感じさせないちょっとしたえぐみがありました、これはあと2年後に出るであろう、同じタンクの酒に可能性を感じさせる味でした。

 二年後が楽しみです。

しかし、コレを飲ませて下さった、みょうが屋さんに感謝です。

萬年古酒:2012年10月 みょうが屋さんにて
ジョグ:11.55km(ふれスポ)
本日の歩数:7989歩
焼酎:おやっとさぁ

2012年1月12日 (木)

鶴の荷車

Img_2806有限会社渡邊酒造:宮崎県宮崎市田野町甲2032-1
アルコール分:42度
麦。

 麦で唯一好きだというのを、池の鶴さんが覚えていてくださいまして、今回持参してくださいました。

 42度を感じさせないまろやかさと、麦焼酎を感じさせない切れのよさが好きです。

ただアルコール度数が高いので飲みすぎに注意です。

鶴の荷車、最近は作られてないそうです。

鶴の荷車:2012年1月 池の鶴様より
ジョグ:レスト
本日の歩数:7123歩
焼酎:ひとり歩き、大隅

2011年7月 6日 (水)

萬年黒麹

Img_2562有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
黒麹。
25度。
1800ml:2560円

宮崎焼酎の中でもパンチのある焼酎です。

色んな話題焼酎を出されている蔵元さんです。

個人的には、麦焼酎で唯一旨いと感じた「鶴の荷車」がまた飲みたいです。

ところで現日本の首相の発言「満身創痍、刀折れ、矢尽きるまでやる」。

トップが替わってもって意見も大きいと思いますが、この総理凄いですね。

萬年黒麹:2011年2月 宝納酒会
ジョグ:レスト(さぼり)
本日の歩数:10275歩
焼酎:ワイン

2011年4月23日 (土)

萬年白麹

Img_2563有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
白麹。
25度。
1800ml:2400円前後

宮崎の焼酎では一番インパクトのある焼酎です。

 今日は鹿児島で13年ぶりのホークスの公式戦baseball

小久保のさよなら安打でホークスが劇的勝利を果たしました。

 競技場付近は込むと思ったのでジョギングはお休みしました。

 しかし明日は今シーズン最後のジョギング大会「京町温泉ジョギング大会」10kmにエントリーです。

頑張りたいと思います。

萬年白麹:2011年宝納酒会
ジョグ:レスト
本日の歩数:外出せず
焼酎:杜氏潤平

2009年3月 2日 (月)

萬年黒麹

Img_0076有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
黒麹。
25度。

萬年の場合若干白麹の方が好きです個人的に。

でも黒麹がまずいってわけじゃないんです。

渡邊さんの焼酎は宮崎の焼酎というよりは鹿児島の焼酎に近い感じです。

★★★★★

東京日記(2009.2.22~24)(その5) はやぶさ乗車編Img_0188_2

Img_0186 はやぶさの中で食べる弁当riceballや朝食用のパンbreadは大丸で調達、酒類beerやつまみはコンビニ24hoursで調達しました。

 電車の旅のひとつの醍醐味は駅弁riceballですよね。

それとアルコールwineが飲めることです。 特に夜行列車では欠かせないですよね。

千葉よっしーさんと合流後いよいよ東京駅bullettrain10番ホームへ。 東海道線のホームは昔辻堂に住んでいた頃の馴染みなので懐かしかったです。

 3号車の乗車口へ向かいます。

 自分の乗る電車がこれからホームに入ってくると思うと本当にワクワクheart02し始めました(はじめての感覚です)。

 これからのブルートレインの旅の始まりです。

 いよいよ電車が入線してきました。

つづく。
萬年黒麹:2009年2月 宝納酒会新年会
ジョグ:レスト
本日の歩数:9009歩
焼酎:妻、ちらんほたる

2009年3月 1日 (日)

萬年白麹

Img_0077有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
白麹。
25度。

 確か一昨年からですかね宝納さんで渡邊さんの焼酎を取り扱うようになったのは。

 それまでは鹿児島では渡邊さんの焼酎を買うことはできなかったのでとても貴重でした。

萬年は味も好きですがラベルも好きです。

ラベルも私にとっては焼酎を愉しむひとつです。

★★★★★

東京日記(2009.2.22~24)(その4) 東京観光編

 まさるやさんを後にして鶴川駅までbus。 鶴川駅より小田急で新宿buildingに戻りました。 次の目的は昼食。 しのパパさんから紹介を受けていた「宇奈ととjapanesetea

 しかし事前のチェック不足で新宿店に気付かずweepスルーでした。

 新宿で普通のランチrestaurantを頂き、午後はお土産present探しの旅。

 まぁ普通のお土産は東京駅bullettrainで探せるとして今回の旅行の無理を聞いてくれた女房へはちょっと好物のシュークリームcakeなんぞを買ってやろうと思いまして。

 新宿より大江戸線subwayで麻布十番へ「Hop Chou a La Creme」のシュークリームに思いっきり保冷剤を入れて貰いましたgood

 写真を撮るのを忘れましたhappy02

麻布十番より地下鉄とJRを乗り継ぎ東京駅へ。

ちょっと疲れたのでちょっとコーヒーブレイクcafe

 子供への土産と電車内での弁当riceball・飲み物beerの買い出し等をしていると千葉よっしーさんからmailこちらへ向かっているとの事。

ちなみにはやぶさ以外は写真がありません。coldsweats01

 つづく。

萬年白麹:2009年2月 宝納酒会新年会
ジョグ:レスト
本日の歩数:付け忘れ
焼酎:ちらんほたる

2009年2月27日 (金)

無濾過旭萬年

Img_0075有限会社渡邊酒造:宮崎市田野町甲2032-1。
黒麹。
28度。

 渡邊さんの無濾過シリーズは大地の夢budのがありますが昨年は久しぶりに白麹も出ました。

 そして普通の萬年黒の無濾過がこれ。

 合ってますか?

宝納さんの会でも会話はしましたが焼酎bottleの話は皆無でした(笑)。

★★★★★

東京日記(2009.2.22~24)(その3) 東京観光編

東京駅で富士ぶさを出迎えた後は中央線快速trainで新宿buildingへ向かいました。

新宿で小田急線dashに乗り換え新百合ヶ丘house経由で鶴川へ。 小田急線は昔辻堂に住んでいた頃よく利用してましたので懐かしかったです。

さらに鶴川駅からはバスbusに乗り換え「まさるや」wineさんへ。

「まさるや」さんは東京では有名な酒屋さんです。

かなり有名どころの焼酎を扱っていらっしゃるようです。

バスを降りて酒bottleの看板を見つけたので道路を横断して入店しようとしたのですがどう見ても倉庫houseにしか見えません、近くに店員らしい人がいたので尋ねると店の裏でした(爆)。

 店はそんなに広くありませんが焼酎のラインナップはお見事です。 田倉の小瓶や寿、神座、造り酒屋櫻井など好みheart04のものがならんでました。

 一応鹿児島では買えない岩倉さんの焼酎を尋ねたのですが「なにみてござる」(米焼酎)があるだけでした。 

 持ち合わせもあまりなかったので「鶴見旧ラベル」(この店のPB)と「造り酒屋櫻井」の二本だけを購入し「まさるや」barさんを後にしました。

 大石さんの「かまわぬ」も悩みましたが原酒系だったのでやめました。

画像はありません。

つづくhappy01

無濾過旭萬年:2009年2月 宝納酒会
ジョグ:レスト
本日の歩数:12855歩
焼酎:ちらんほたる

blogram

  • blogram投票ボタン

楽天